リアリダム

E・Dボディに対する個人的見解

YouTubeにて、某氏からのメールにこのような内容がありました。
「なぜE・Dボディを使用してタイムアタックをしないのですか?」

これについては、大きく分けて以下に記すような2つの理由があるのですが、
それらが完全なる理由になっているという自信はありません。
そこで今回は、改めてその詳細を記してみようと思います。


 まず第一の理由として、他のプレイヤーと同じような環境でタイムアタックする必要があったということです。
 かつて、所謂「muumu's strategy」が日本人プレイヤーに大きな影響を与えました。
E・Dボディを使わないこの戦略が、2003~2005年頃のGXのタイムアタックが最もヒートアップした時代の
プレイヤー達にとって「然るべき戦略」だと理解されたことは明らかでしょう。
私自身も無意識のうちにこの走法を取り入れ始め、同時に、この走法が他のプレイヤーと同じ土俵で競うための
ルールのようになっていたと思います。
このルールが自分の中でもはや完全に定着しているのが、E・Dボディの未使用を助長しているわけです。

 次に第二の理由ですが、これは単刀直入に「走法に納得がいかない」ことです。
そもそも、E・Dボディを使わない理由は直線における外ドリでのタイム短縮にあります。
最高速の魅力は繊細なマシン制御と無駄のない動きだと私は(勝手に)考えていますが、
無理やり外ドリをねじ込む走りは、とても美しいとは思えません。
それに加えて、外ドリを連発してタイム短縮を行うとなると、重視されるのはあくまで外ドリのスキルであって、
基礎となる技術が二の次になっているような気がしてなりません。
せっかく100%の最高速セッティングで走るのなら、最短距離を突き進む走法を軸にしたいと思うわけです。


以上が個人的な見解ですが、決してE・Dボディの使用に対して否定的な感情を抱いているわけではありません。
今のルールが限界に辿り着いたのなら、新たな戦略としてE・Dボディを解禁するのもそれはそれで面白いと思います。
もはやGXプレイヤーの数からしても、こだわりを持つ必要もなくなってきている気がします。
理由が理由にならなくなってきたわけです。
しかし、定着した今の走法で出来る限りは前進していきたいと考えているので
E・Dボディは究極の手段としてしばらくは取っておく、ということにしておきます。

  1. 2010/10/30(土) 15:53:41|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<膨張する数式 | ホーム | 少しだけデザイン変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://brave147.blog70.fc2.com/tb.php/99-9aab6252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

brave

Author:brave
F-ZEROおじさん。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる