リアリダム

収集家と書いてマニアと読む

結局買ってしまったマザーな商品。
送料込みで1万7千超えですHahaha
せっかくなのでちょいと紹介してみる。

mother_goods.jpg


◆MOTHER [Soundtrack] (写真:上段左)
「MOTHER」で流れる曲のアレンジ集。
ヴォーカルは全て英語で、マザーのアメリカンな世界観がいっそう引き立っている。
歌詞も非常に奥深く、素晴らしい。ゲームプレイ済みの人なら歌詞の含意をより読み取れる。
思うに、史上最高のゲームサントラ。というかゲームサントラの域を超えて普通の洋楽アルバムとして聴けるレベル。
こちらで聴けます。ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2440324

◆MOTHER―The Original Story (写真:上段中央)
マザー(FC)の小説版。
original storyということでゲーム版とは少し違う内容になっている。
読者が風景をイメージできるあたりはゲームでは味わえない感覚であり、世界観に浸ることができる。
小説に関しては賛否両論あるみたいだが、個人的には好き。

◆MOTHER2―ギーグの逆襲 (写真:上段右)
マザー2(SFC)の小説版。
ネタバレになるため詳しくが書けないが、1の小説に比べてコミカルの印象。
旅立ちのシーンからラストまで書かれているためボリュームは抜群。

◆マザー2―ひみつのたからばこ (写真:下段左)
ネス視点でマザー2のストーリーが語られる。
日記形式で書かれており、文章量は意外と多い。袋とじもあり。
また、合成によるゲーム風景の実写のような写真も掲載されている。
先日読破したが、終盤の1文に涙腺を刺激された。
”あとがき”を読むと「ひみつのたからばこ」の意味が理解できる。
「私のネスも素敵な宝箱をたくさん持ち帰ってきてくれました。」

◆マザー百科 (写真:下段右)
「ひみつのたからばこ」同様、写真等によりマザーの世界観が広げられている。
編集者である糸井氏自身「すばらしい『馬鹿の結晶』」と語る。
マザー好きなら是非とも持っておきたい一冊。
まさにコアなファンのための本である。完成度は最強クラス。


とまぁこんな感じで、ね。
少しでも興味を持ってくれた人がいたら嬉しいね。
こんな記事のために莫大な時間を消費しちゃったね。

  1. 2008/08/30(土) 00:54:06|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Round every corner | ホーム | 炎天下の罠>>

コメント

はじめまして。sirataki#という者です。
2週間ほど前からホームページを見させてもらってます。速いですね・・・。
実は自分はMOTHER2とMOTHER3を持っているのですが、いまだどちらも攻略してません・・・。まさかMOTHERに小説があるなんて、思いもしませんでした。
夏休み終了まで、あと2日。宿題が山ほど残っているので、それでは。
  1. 2008/08/30(土) 14:25:17 |
  2. URL |
  3. sirataki# #-
  4. [ 編集]

初めまして。
あんなマッタリ更新なHPを見ていただけるとは嬉しいです。ありがとうございます。
MOTHERは序盤は結構退屈なのですが、最後にはプレイヤーの心を動かしてくれるゲームなので、
一度エンディングまで見てみることをオススメしますよー。
  1. 2008/08/30(土) 21:36:31 |
  2. URL |
  3. ブレイブ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://brave147.blog70.fc2.com/tb.php/26-a98912fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

brave

Author:brave
F-ZEROおじさん。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる